優しいその指が 終わりに触れるとき
今だけ 君だけ 信じてもいいんだろう

誰もが崩れてく 願いを求め過ぎて
自分が堕ちてゆく 場所を捜してる
傷つけて揺れるしかできない ざわめく想いが 僕らの真実なら

壊れ合うから 動けない
淋しい羽根重ねて

出逢う光のない時代の
眩しさを視せて

哀しい眸のままで 口吻けてしまう度
もっとずっと もっとそっと 守れる気がした
心しか抱き締める物のない 孤独の途中で 見失う世界がある

変われる事が 怖くなる
深い鼓動の先に

交わす炎に 描かれた
永遠が視える

壊れ合うから 動けない
淋しい羽根重ねて

出逢う光のない時代の
眩しさだけ

変われる力 恐れない
深い鼓動の先に

交わす炎よ 描かれた
運命に届け