遠く離れてるほどに近く感じてる
寂しさも強さへと 変換(かわ)ってく…君を想ったなら

街も人も夢も 変えていく時間に
ただ逆らっていた
言葉を重ねても 理解(わか)り合えないこと
まだ知らなかったね

君だけを抱きしめたくて失くした夢君は
「諦メナイデ」 と云った

遠く離れてるほどに近く感じてる
寂しさも強さへと 変換(かわ)ってく…君を想ったなら
切なく胸を刺す それは夢の欠片
ありのまま出逢えた その奇跡 もう一度信じて

君がいない日々にずっと立ち止った
でも 歩き出してる
君と分かち合った どの偶然にも意味が
そう 必ずあった

それぞれの夢を叶えて まためぐり逢うとき
偶然は運命になる

破れた約束さえも誓いに変えたなら
あの場所で出逢う時あの頃の二人に戻(なれ)るかな?
“優しさ” に似ている懐かしい面影

瞳(め)を閉じて見えるから 手を離れず在ることを知るから

明日にはぐれて答えが何も見えなくても
君に逢う そのために重ねてく “今日” という真実

遠く離れてるほどに近く感じてる
寂しさも強さへと 変換(かわ)ってく…君を想ったなら
切なく胸を刺す それは夢の欠片
ありのまま出逢えた その奇跡 もう一度信じて