「サヨナラ」とささやく 醜き世界に
あかく あかい その翅(はね)で すべてを飾って

汚されるほど 愛しく思える
この地球で息をしてる者よ
憎んでいるほど 抱きしめたくなる
鏡の前 別の自分 ジッと見つめてる

そして人は弱さ 隠すために
やさしい誰かを傷つけた

「サヨナラ」とささやく 醜き世界に
あかく あかい その翅(はね)で ひらりと舞い躍る
どうか熱いキスを そうよ何度でも
暴れ出した心に気づいたなら もう一度
変われる...

守りたいけど 壊したくなるの
はかなすぎて 悲しくなったから
言葉はなくても 小さな姿は
そのカラだに生きるための 強さ秘めている

もしもすべて消えて 闇が来ても
あなたの匂いを 憶えてる

柔らかな光の 美しい世界に
あつく あつい この胸に 孤独を埋(うず)めてよ
終わりを繰り返し また出逢えるなら
愚かなその欲望だけで 私を捕まえて
おねがい...

「サヨナラ」とささやく 醜き世界に
あかく あかい その翅で ひらりと舞い躍る
「サヨナラ」と手をふる 美しい世界に
とめどなく 溢れ流れる涙の その理由(わけ)を
おしえて...

※metamorphose:(...に)変化(変態)させる
昆虫が、卵→幼虫→蛹→成虫というように、形態を変えて成長すること